スケジュール管理は手帳と電子機器で併用する

最近は便利なアプリなどが普及して、スケジュール管理を携帯電話でしている人がかなり増えたそうです。
もちろん手帳に書き込んで管理している人もたくさんいるのですが、電子機器でも便利なものがたくさんある為、自分に合った方法で試行錯誤しているようです。しかし、電子機器ならではのデメリットもあるようなので、アナログと上手に併用出来たらいいですよね。


仕事などしっかりと予定を把握している人は、約8割の人が手帳を利用していて、その中の6割はデジタル手帳との併用なんだそうです。
ではそれぞれの特徴を考えていきましょう。

手帳は、開くたびに見直す機会があり、不要であれば切り取って捨てたり書き直すことで頭にしっかりインプット出来たりします。
バッテリー切れやミスで落としてしまい故障なんてトラブルはありません。


データが消える心配もなく、一日に何度も見直すことが出来ます。

電子機器でのスケジュール管理の場合、予定をアラームで教えてくれたり、Googleカレンダーなどアプリと連携して職場内のスケジュールを共有出来たりもする。

OKWaveの情報検索をお役立てください。

書き換えが綺麗で簡単に出来て、持ち歩きや保存がかさばらなくて済みます。

ではこのような特徴を踏まえて、どのように併用したらより便利で役に立つのでしょうか。



やはり、電子機器で気になるのはバッテリー切れや大切な情報が消えてしまわないかという点です。


大切な情報はバックアップして他で保存しておくという手もありますが、重要事項は最初から手帳の方に記入するなど工夫が必要です。
編集や検索では、電子機器が優れているので、必要な時に活躍させればいいでしょう。