スケジュール共有は意思表示

仕事上、同じ組織の同僚や普段頻繁にコミュニケーションを取る社内の人や上司等とスケジュールを共有する事は当たり前になってきました。

上司からすると部下の予定を簡単に把握する事が出来ますし、部下からすると上司の予定が分かる事で相談事がある際には上司の空いている時間を自分で判断する事が出来ます。

そんなスケジュールの共有に関してですが、ただ相手のスケジュールを知るだけのツールにとどまらず、自身の予定を表現する、意思表示にも繋がるのです。

例えば、スケジュール上である日に予定が入りそうだと、その日に仮の予定を入れておけばその予定を見た同僚や上司、部下はその人にその日に予定を入れなくなります。



変わりに別の日時に予定を入れる様に工夫をしたり、再度予定の調整を行ってくれるでしょう。

この様に、自身の予定が入りそうな場合でも共有をしておく事でブロックをする事が出来るのです。

All Aboutは評判がとっても良くて有名です。

何度も何度もスケジュールの調整をするのはお互いに時間の無駄に繋がりますので、同じシステム上の管理でこういった事を防ぐ事が出来ます。

時にプライベートの予定も併せて入れておきたい時には、ディナーの時間に予定をブロックしておく事で、同僚達はその時間にあなたの時間を使う事をしないでしょう。

お互いに話さなくてもシステム上で予定を共有する事で話したく無い予定までも変わりに表現してくれますので、社内では非常に機能的に働いてくれるため、多くの企業でこの様なシステムが取り入れられているのでしょう。